読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よっちゃんの別荘

仮想別荘です。どなたでも気軽に訪問して下さい。

阪神大震災

災害は忘れた頃にやってくるのではなく、わすれなくてもやってくることを教えてくれたのが東日本大震災でした。
今日は東日本ではなく、阪神大震災が起きた日です。あの日は、火曜日、まだ夜も明けない5時46分だと思いましたが、当地もそれなりに揺れました。起き上がって揺れるのが止まるまで待っていました。デモその間が長く感じたことが今も記憶から版レません。テレビのニュースで次から次へと映し出される光景には驚かされました。近代建築物のもろさもこのとき知りました。津波の恐ろしさはこのときはきづきませんでした。
都市型直下型地震というのはこういうのだということが分かりました。

東海、東南海、南海という3つの地震がそう遠くない時期にやってきても不思議ではありません。明日かも知れませんし、30年後かも知れません。そのとき適切に対応できるかは、いかに民度が成長しているかです。