読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よっちゃんの別荘

仮想別荘です。どなたでも気軽に訪問して下さい。

アメリカの大統領選挙

本番は11月になります。今は二大政党の各陣営で誰が選出されるかです。「合州国」とも言われるように各州での決め方が異なるのがアメリカらしいところです。
共和党と民主党の両党の代表がどなたになるかで世界も日本も影響を受けると言うことです。共和党は当初はブッシュの弟が最有力だと言われていたがあえなく最初に撤退することに。そして当初は泡沫扱いであった不動産王トランプがどうも抜け出す勢いです。この人過激な排外主義的な言動で、「下層」と言われる人の人気上昇だという。日本で言うと石原晋太郎と橋下徹安倍晋三を会わせたようなタイプです。中身はなくともぞっとするような人物です。一方民主党は自称民主主義的社会主義者といわれるサンダースが若者の支持を集めて健闘して本命ヒラリークリントンを脅かしている。
ただスーパー・チューズデーの結果でこちらもヒラリーが抜き出した感はする。ヒラリーは結構ぶれがあって、TPPにも現在は批判的で格差の是正も訴えるようになった。サンダース効果である。今後、まだまだ事態が変わっていくことはあるかもしれない。
だから簡単な推測だけはやめておこうと思う。