読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よっちゃんの別荘

仮想別荘です。どなたでも気軽に訪問して下さい。

やっぱり

予想されたこととはいえ、早すぎる!
札幌までの延伸の間、お荷物なのでしょうね。
格差の象徴としての北海道新幹線

北海道新幹線>目立つ空席、観光地明暗 開業1週間

毎日新聞 4月1日(金)21時51分配信

北海道新幹線>目立つ空席、観光地明暗 開業1週間


多くの人が訪れている北海道新幹線新函館北斗駅。地元にとっては開業効果の持続が課題だ=北海道北斗市で2016年4月1日午前11時31分、遠藤修平撮影


 3月26日の北海道新幹線新青森新函館北斗)開業から、2日で1週間。新設の新幹線駅や観光施設は地元客や観光客でにぎわう一方、運行される新幹線は平日には空席も目立つ。今後は開業効果をいかに持続させ、乗客増に結びつけるかが課題となりそうだ。

【写真で見る北海道新幹線開業】

 新函館北斗駅(北海道北斗市)の駅前広場で開業日から31日まであったイベントには15万6000人が来場。駅の案内所やアンテナショップには1日までに約2万人が訪れた。地元住民に加え道外のツアー客も多く、北斗市観光協会の担当者は「昨年まで何もなかった場所にこんなに人が来るなんて。開業効果が出ている」と喜ぶ。

 夜景観光などで利用される函館市函館山ロープウェイは26~31日、前年同期比9%増の4万3643人が乗車。桜の名所・五稜郭公園内の五稜郭タワーは、開業後の利用者が31日までに前年同期比で約13%増えた。ただ30日以降は前年並みだといい、同タワーの大場泰郎営業部長は「平日でも3割は増えると予想したので、少し残念だ。これからに期待したい」と話した。

 JR北海道によると、新幹線利用客は3日間で約2万9700人で、平均乗車率は43%。初日の26日は乗車率61%だったが、平日の28日は31%に下がった。29日以降の乗車率は公表していないが、予約状況では空席が目立つ。

 観光名所の函館朝市の関係者は「土日だった開業後2日間は人が増えたが、その後は通常と変わらない。平日の入り込み数をいかに伸ばし、大型連休の繁忙期につなげるかが勝負だ」と話す。【遠藤修平】